2018年07月28日

デイサービスC

現況調査の際、鉄骨梁(はり)の形状等が残存図面と異なる場所が

ありました。。当時の構造計算書はありましたが、市役所

からは「構造計算をやり直して資料提出してください」と

のこと・・。この件についてもT先生の方で対応して頂きま

した。

お客様からすると、既に賃貸契約済みで家賃が発生しています

ので1日でも早くオープンしたいのですが市役所から「確認済み」

をもらわないと着工することが出来ません・・・。そうゆうルール

なのです。。誤解の無いように言いますが市役所も決して意地悪で

指摘するわけではありません(笑)先方としても責任がついて回る

わけですので細かいところまでチェックしてくれるのです。

紆余曲折ありましたが調査を始めたのが昨年の11月中旬くらいで

確認が下りたのが今年の3月7日でした。約4ヵ月かかりました・・。

ここからようやくリフォーム工事に取り掛かることが出来ます。。

ではまた。




















posted by フリーデア店長 at 14:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

デイサービスB

まずは市役所に確認・相談に行きました。

担当の方と話していると、はっきりとは言ってくれませんが

「検査済み証」の無い物件の「用途変更」は初めて担当する

ように感じます。。

役所との協議はT先生にお任せする形になりますのでT先生の

やり方で市役所と協議をしていくこととなります。

次は借りようとしている建物が新築および増築時の「確認

申請」通りに建築されている、ということを証明しな

ければいけません。弊社では調査をするために必要な

事前準備をしました。具体的には天井に点検口を複数

ヶ所取り付けることと鉄骨柱周辺の調査の為の壁の一部

解体工事および基礎調査の為の周辺の掘削などです。

下の写真は基礎調査の為の掘削の様子です。

IMG_4373.JPG
アスファルトにカッター入れをして


IMG_4377.JPG
掘削していきます。基礎の底板が見えるまで掘削します。


IMG_4466.JPG
完了です。

天井点検口などの写真は撮り忘れました・・・・。

調査内容についてはT先生のノウハウ等あるかと思いますのでここでは

詳細は控えます。

調査の上、問題ないことを確認して市役所との協議に使用する資料を

T先生に作成してもらいます。基本的な平面図等は弊社の方で作図して

お渡ししました。この資料作成には建築基準法をはじめとして多角的な

知識が必要となります。フォーマットなども当然ありませんので1件1件

一から作成してもらうことになります。しかも相手(市役所)があっての

ことなので、資料提出⇒先方にて確認⇒先方からの質疑⇒補足資料準備と

いうような流れがあります。それぞれの⇒部分には数週間の時間がかかり

ます。

ではまた。。








posted by フリーデア店長 at 14:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

K様邸N

内部ではキッチンカウンターや

IMG_8709.JPG

吹き抜け部分の笠木・カウンター

55297366725__D164926F-8FDE-42A1-BF59-32857759A825.JPG

書斎のカウンター

55297367970__3CF7E084-38E8-4222-8274-BC28552A7FB1.JPG

を取り付けました。

外部では破風板をガルバリウム鋼板で巻いてもらいました。

IMG_8748.JPG 

IMG_8754.JPG

順調に進んでおります。。

工事とは全く関係ありませんが、カプリコ食べたら

IMG_8747.JPG

カプすけ出ました。。

ではまた。












posted by フリーデア店長 at 15:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

デイサービスA

「検査済み証」が無い物件の「用途変更」・・・・・。

現在、この物件は「建築基準を満たしている建物」ということ

を証明できないのです。。

しかも新築工事の後、増築工事もしておりそちらについても

「確認済み証」はありますが「検査済み証」はありません・・・。

このままの状態で「用途変更」しようとしても役所では

取り合ってくれません。今後、やらなくてはいけないことは

簡単にしますと

@この建物が新築当時の「建築確認申請」通りに建っていることを調査、
 役所との協議。

A増築部分についても@と同様。

Bその上で「用途変更」の申請
※デイサービスは不特定多数の人が出入りする特殊建築物なので建築基準や条例等が
 現在の建物よりも厳しくなり、それに対応した改築プランも必要になります。
 また、消防審査も厳しくなるので事前確認も行います。

C役所(建築主事等)の確認済み後に着工。

D工事完了後に、各申請および検査・報告書提出など。

箇条書きにすると単純で簡単そうですが@とAはかなり難易度の高い内容です。

自社単独での「用途変更」は難しいと判断し、普段から講習等でお世話になって

いる都内の建築士の先生にお任せして弊社がお手伝いをさせて頂く形をとることに。

こちらの建築士の先生(T先生とします)は「検査済み証」の無い物件の「用途変更」

など難しい申請業務をメインに仕事をされているスペシャリストです。

T先生もこの物件は「用途変更は出来ると思いますが時間と予算がかなりかかりますよ」

と最初から指摘されていました。

デイサービスの社長にもご説明して別の物件を探した方が良いとご提案しましたが

この物件が気に入っていてここ以外は考えられない、とのことでしたので作業を

進めることになりました。。


つづく。

















posted by フリーデア店長 at 18:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

デイサービス@

確か昨年の10月。1本の電話から始まりました。。

「床の長尺シート貼り替えは出来ますか?」との問い合わせ

だったと記憶しております。打ち合わせ日時を決めてその日は

終わりました。

打ち合わせ当日、いろいろと話していると賃貸物件を借りて

新規でデイサービスを開所したい、とのこと。他社で見積もり

はしてもらったが納得されていない様子でした。。弊社でも

お見積りさせて頂くことになりましたので詳しくお話を伺って

いると、借りる予定の物件の「検査済み証」について不動産屋さん

からはある、と言われていますとのことで後日確認させてもらうことになりました。

しかし、当日確認してみると「確認済み証」はありますが「検査済み証」

はありません。大家さんにも聞いてみましたが無い、とのこと。

これは大変困ったことになりました。。

ここで少し簡単に説明しますと

@建物を建てる時には役所に「建築確認申請書」を出します。

A役所で審査してOKであれば「確認済み証」が交付されます。
 (これで建物を建てることができます)

B建築工事が終わったら役所に連絡して検査をしてもらいます
 (建築確認申請通りに建物が建っているかを検査します)

C上記BがOKであれば「検査済み証」が交付されます。

今回の建物をデイサービスとして使うためには「用途変更」という手続きが

必要になります。今まではこの建物を「事務所」の用途で使っていましたが

今度は「デイサービス」として使いますよ、という手続きです。

この「用途変更」をするには「検査済み証」が必要なのです。

ここからが長い闘い(笑)となりました・・・・。

次回へ続きます。。



























posted by フリーデア店長 at 14:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする